小さな心落ち着く町┃水のせせらぎ、太皷谷稲成神社、素敵な旅館┃津和野は癒しに満ちていた┃島根県

津和野町の殿町通り 国内旅行

「癒やしが欲しくなったら、また来よう」

ふらっと訪れた津和野町が、思いがけずに素敵な町で、大満足な旅でした。

山陰の小京都」と呼ばれるだけあり、美味しい和菓子がたくさん。小さな町なので、徒歩でぐるっと観光して、疲れは旅館のお風呂とご飯でさっぱり流しちゃいましょう。

スポンサーリンク

1.津和野町について

(1)島根県西部の小さな町

津和野町は、島根県西部にあります。

四方を山に囲まれている盆地で、夏は暑く、冬はとても冷え込む地域です。

島根県の地図

(2)別名「山陰の小京都」

津和野町は、その落ち着いた佇まいに加えて、京都発祥の伝統神事「鷺舞」を現代においても廃絶することなく奉納していることから、「山陰の小京都」とも呼ばれています。

鷺舞は、毎年祇園祭の時期に開催されます。

(3)旅行のベストシーズンは6月

津和野町の殿町通り

津和野町の観光のベストシーズンは、個人的には6月ではないかと思います

7月の祇園祭の時期に開催される「鷺舞神事」も捨て難いですが、やはり、津和野町と言えば、「殿町通りの花菖蒲と鯉」を味わっておくべきではないでしょうか。

それと、純粋に、津和野の7月は暑いので(´∀`;)

津和野町は、京都のように盆地になっているので、夏はとても暑く、冬は厳しい寒さになります。

6月に花菖蒲を眺めながらゆったり観光するのが、気持ち的にも楽だと思います。

(4)文豪・森鴎外の出身地

意外と知られていない?「舞姫」で有名な、文豪・森鴎外の出身地でもあります。

駅から徒歩25分程度の場所に「森鴎外記念館」がありますので、文学に興味のある方は是非立ち寄ってみてください。

■島根県 津和野町 [施設案内・森鴎外記念館]

(5)【重要】おいしい日本酒が揃ってる

個人的にめちゃくちゃ重要なポイント。

津和野の日本酒、めっちゃおいしい。

津和野町には、「古橋酒造」「華泉酒造」「財間酒場」の3つの酒蔵がありますが、私が特に気に入ったのは、古橋酒造の「初陣」という銘柄。

写真は4合瓶で3,600円程度と少々お高めでしたが、華やかで優しい味で、「いくらでも飲めちゃう…これだけで飲めちゃう…」とぐいぐい飲む手が止まりませんでした。

ワイングラスで飲む日本酒アワード?とやらで金賞を受賞したようです。

なお、酒蔵では試飲もさせてもらえるので、スタッフさんに是非声をかけて、味わってみてほしいです。私は古橋酒造さんで試飲させてもらい、感動の余韻そのままに、レジに駆け込みました。

スポンサーリンク

2.アクセス

(1)車での移動がおすすめ

島根県ということもあり、津和野町を訪問するのであれば、車での移動がおすすめです。益田駅から40分~50分程度。

東京からのアクセスであれば、萩・石見空港でレンタカーを借りられます。

(2)JRやバスでも訪問可

JR益田駅から、JR山口線(益田駅から40~50分、山口駅から1時間20分)、もしくは石見交通バス(益田駅から1時間)でもアクセス可能です。

ただし、本数がかなり少ないので、効率的に周辺地域を観光したい場合は、やはり車での移動がよいでしょう。

スポンサーリンク

3.津和野のみどころ

(1)水のせせらぎが心地良い

島根県津和野町

津和野を観光してまず感じたのが、町の至る所で、水の音が聴こえるなあ、ということ。

自然の息吹を間近に感じられるのは、地方の良いところだなあと思います。都会のせくせく急いでる感じは全くない。町を歩いていて、とにかく心が落ち着きました。

個人的に、今回の津和野旅で最も心に残ったし、癒しもたくさんもらって、元気になれました。

(2)優雅な鯉と花菖蒲の咲く水路「殿町通り」

津和野町の殿町通り

先に記述しましたが、やはりこの風景こそ、「津和野町」です。

水のせせらぎが聞こえる「静」の空間に、鮮やかな紫と鯉の優雅な「動」が、見事に調和しています。

(3)階段を登れ!「太皷谷稲成神社」

津和野町の太鼓谷稲成神社

普通に神社だと思って舐めてかかったら、めっちゃ疲れた!

意外と階段を登らされます「太鼓谷稲成神社」。津和野のマスト観光地です。階段では、おじいちゃん・おばあちゃんが何人もギブアップしていました…

津和野町の太鼓谷稲成神社

立派な本殿。狐のお面の絵馬もありました。

津和野町の太鼓谷稲成神社
津和野町の太鼓谷稲成神社

この穴の中に、お稲荷さんを入れるんだって!

※太鼓谷稲成神社については、別記事にて詳細執筆予定です。

(4)ロープウェイに乗って城下を一望「津和野城跡」

太鼓谷稲成神社の駐車場付近から、津和野城跡行きのロープウェイに乗ることができます。

城跡ということで、今は石垣が残るのみですが、津和野城下を見下ろしながら、藩主・亀井氏時代に思いを馳せるのも一興ですね。

津和野城跡

ロープウェイ詳細については、以下記事にて。大人往復450円とリーズナブルな価格が嬉しいです。

津和野城跡観光リフト|【公式】島根県石見(いわみ)の観光情報サイト|なつかしの国石見
太皷谷稲成神社へ車で上る途中に、津和野城跡へいくことができる津和野城跡観光リフトがあります。津和野城址へは徒歩でも登れますが、やはりそこは城塞だっただけあって、簡単に攻め入ることができなかった当時を咸じずにはいられないような急勾配で、大人…

(5)津和野の歴史を知ろう「日本遺産センター」

個人的に、めちゃくちゃおすすめ!津和野町の歴史について、ガイドさんが教えてくれます。

私が訪問した際は、50~60代の男性が、40分程つきっきりで、展示室の資料の説明をしてくれました。おかげで、津和野の歴史、文化、特産品について、とても理解が深まりました。あの時のガイドさん、本当にありがとう!

日本遺産センターは殿町にあり、館内2Fには、伝統神事「鷺舞」の紹介ビデオコーナー(椅子アリ←重要)もありますでの、足が疲れた際に立ち寄って、座ってゆっくりビデオを鑑賞するのもいいですね。

(6)温泉に入るなら「道の駅 つわの」

津和野町には実は温泉もあります。道の駅つわのでは、露天風呂の他、家族風呂もあり、ご家族での旅行にも嬉しい環境が整っています。

名称道の駅つわの あさぎりの湯
営業時間10:00-21:00(最終受付20:30)
入浴料金大人 610円
子供 360円
貸出品バスタオル 110円
フェイスタオル 60円
その他家族風呂 1時間1,000円
(別途入浴料金要)
スポンサーリンク

4.旅館で一泊するのがおすすめ

津和野町ののれん宿明月

津和野町は小さな町でありながら、比較的多くの旅館が営まれています。

実際に旅したからこそ思うのは、津和野はゆったりまったり過ごしてこそ、その価値・良さがわかる町なので、是非どこかの旅館で一泊して、ゆっくり歩きながら旅を楽しんでほしいです。

個人的におすすめの旅館は「のれん宿 明月」さん。平日なら1人1泊9,900円で宿泊でき、料亭でいただく懐石料理が大変美味なのはもちろん、ワンドリンクサービスがあったり、趣のある館内にとっても大満足でした。

のれん宿 明月」さんの詳細については、以下の記事にて。

スポンサーリンク

5.津和野で自然に囲まれる、癒やしの旅を

島根県の津和野町は、山陰の小京都と呼ばれるにふさわしい、趣のあり心安らぐ、小さいながらもとっても素敵な町です。

水のせせらぎや新緑を間近に感じて、日々の疲れを洗い流してみてはどうでしょうか。

静かな小さな幸せを感じられる町、それが津和野町だと思います。

次のおすすめ記事

津和野から一つ南の町、鹿足郡吉賀町のむいかいち温泉「ゆ・ら・ら」。

開放的な構造できれいな施設と、落ち着いた自然に囲まれた露天風呂で、ゆったり癒しのひとときを過ごすことができました。

この施設では夕朝食付きの宿泊も可能。週末旅の一候補としていかがでしょうか。

comments

error: Content is protected !!