【切替ポイントUP中】楽天モバイルに向いている人やメリットとは。4か月の使用実績にもとづき解説

楽天モバイル 雑記

一年間料金無料」で一時期大変話題になった楽天モバイル

私もその時期に加入し、使い始めて4か月たちましたが、楽天モバイルの良いところ・悪いところが見えてくるようになりました。

2021年6月現在では加入ポイントアップキャンペーンも開催され、料金1年無料よりもメリットを享受できる環境にあります

★期間限定★他社乗り換えで20,000ポイント還元キャンペーン実施中

楽天モバイルでは、2021年6月18日から「他社からの乗り換えで20,000ポイント還元キャンペーン」を実施中!

終了時期は未定となっていますが、申し込みが殺到した場合、早めにキャンペーン終了となる可能性もあります。

通常時は5,000ポイントしかもらえません(私が切り替えた時は5,000ポイントだったので、このキャンペーンが羨ましくて仕方ない…)。切り替え検討中の方は要チェックのキャンペーンです。

今なら利用料金3か月無料キャンペーンも併せて実施中で、大変お得なタイミングとなっています。

1.楽天モバイルについて

まずは楽天モバイルについておさらいしましょう。

(1)第4のキャリア

楽天モバイル株式会社は、2018年1月に設立された、楽天グループ100%出資会社。

楽天モバイルのほか、高速光回線インターネットサービスの楽天ひかりもこの会社が運営しています。

(2)料金プランはシンプルに1つのみ

楽天モバイルの料金プランUN-LIMIT Ⅵ

楽天モバイルの料金プランは1つのみで、利用データ量によって料金が変動する仕組みになっています

2021年6月時点ではプラン名称は「UN-LIMIT Ⅵ」。サービスの展開具合によって名称のローマ数字がカウントされるようです。複雑な料金体形になっておらず、初めてMNPをする場合にもわかりやすくて助かりますね。

(3)料金体系

楽天モバイル料金体系は以下の通り。1GB未満の場合、料金無料は大変インパクトがありますが、3GBまで980円も魅力的です。

欲を言えば、3GB~20GBのレンジにもう1つ2つ区切りがあると、もっと弾力的な運用ができそうです。10GBまで1,480円とか。

データ量料金(税抜)
~1GB無料
1GB超過~3GB980円
3GB超過~20GB1,980円
20GB超過~無制限2,980円

なお、楽天モバイルの場合、専用通話アプリ「楽天Link」を使えば、通話料金は無料になります。

どれだけかけても0円って凄いですよね。ネット予約ができない居酒屋の予約で重宝してます。の、飲んべえではないから…っ((((;゚Д゚))))

★楽天モバイルの料金プラン「UN-LIMIT 6」詳細はこちらから★

2.メリット・デメリット

私が実際に楽天モバイルを4か月使用して、ドコモからの切り替えに感じたメリット・デメリットを挙げていきます。

(1)メリット

1)毎月の固定費を大幅削減できる

楽天モバイルなら毎月の固定費を大幅削減

なんといっても一番のメリット。毎月の固定費を大幅に削減できます

私は1年無料キャンペーン中楽天モバイルに加入したので、これまで毎月3,000円ほどかかっていたスマホ料金が0円になりました…年間で36,000円の削減です。ドコモの家族割が効いていたので3,000円で済んでいましたが、割引なしだと5,000円以上かかっている人もいるのではないでしょうか。

キャリアの変更だけで年間何万円もの固定費が削減できるのはとても大きいですね。

2)専用アプリで通話料金無料

楽天モバイルでは、専用の通話アプリ「楽天Link」を使えば、なんと通話料金が0円に。

ネット予約ができない居酒屋って結構あるので、私はかなり重宝しています。あと、宅配便のドライバーさんへの再配達依頼も。

これまでドコモだと通話料金が20円/30秒かかっていたので、電話を控えがちでしたが、楽天モバイルに変えてからはガンガン電話をかけるようになりました

3)楽天市場で常時ポイント+1倍

楽天経済圏の人は注目!楽天モバイルを契約すると、楽天市場でのお買い物ポイントが常時+1倍になります。

私はどっぷり楽天経済圏(楽天市場はもちろん、楽天銀行、楽天証券などなど…)にはまっていたので、ドコモからの切り替えにあたっては+1倍は決め手となりました。楽天で年間30万円以上は買い物をしているので、楽天モバイルへの切替によって+3,000ポイントゲット。

楽天モバイルは、楽天スーパーポイントが貯まる!使える!

4)キャリアメールも使える

楽天モバイルはキャリアメールもあり

キャリアメールが使えないことがネックになっていた人もいるようですが、朗報。

楽天モバイルでは、2021年夏ごろからキャリアメールのサービス提供開始予定。登録サイトのメールアドレス変更手続きは正直面倒ですが、それを乗り越えれば年間数万円~十数万円の固定費削減です。

私は切り替えの1か月前から使用しているサービスの洗い出しをはじめ、ドコモメアドからフリーメールに徐々に切り替えしていきました。

5)契約期間の縛りや解約金が不要

楽天モバイルにしてみたいけど、自分に合わなかった場合が嫌だな…いいえ、そんな心配はご無用なんです。

楽天モバイルには契約期間や解約に伴う違約金といった概念がないため、切り替えてみて「合わなかった」と感じたら、いつでも解約することができます。

(2)デメリット

続いてデメリットですが、正直、使っていてそこまで不便に感じることは無いです。強いて言えば、以下3点。

1)回線混雑時の通信が遅い

楽天回線は平日お昼の時間帯が繋がりにくい

楽天モバイルに切り替えてまず感じたのが、回線が混雑する時間帯の通信が遅いこと。

ピンポイントに、お昼の12時~13時のウェブページ閲覧は本当に遅いです笑 それ以外の時間帯は何ともないのですが。

★対策★

ウェブページ閲覧は遅いですが、軽いアプリなら普通にサクサク動くので、お昼はそれらのアプリをメインに使用するのがいいかも。あるいは、お昼の時間帯は食事に集中。友達との会話を大切に。

2)専用アプリで発信の場合、非通知になることがある

これは家族から指摘されて気付いたのですが、楽天Linkで電話をかけると、相手側には非通知表示になることがあるようです。

★対策★

よく電話をかける人には、事前に非通知になる旨伝えておく。また、私の経験上、居酒屋やタクシードライバーさんは普通に出てくれるので問題なしです。

3)パートナー回線(au)は月5GBまでしか使えない

東京や大阪などの都市部では問題ありませんが、地方になるとどこでも楽天回線が届くわけではありません。

楽天回線を拾えない場合はパートナー回線(au)に切り替わりますが、これは月5GBまでしか使えず、5GB超過後は最大1Mbpsの通信になります。月5GB以下で運用できる方は問題なしです。

★対策★

月5GB以上使用する方は、切り替え前に自分の生活圏での楽天モバイルの普及度をチェックしておきましょう。

★楽天モバイル回線エリアの確認はコチラから★

3.向いている人・いない人

(1)向いている人

1)とにかく固定費を削減したい人

楽天モバイルで固定費削減

固定費削減を狙うなら、まずは楽天モバイルを1番手として検討しましょう

格安系はIIJ(インターネットイニシアチブ)やUQmobileなどもありますが、楽天は1GB以下なら0円、3GB以下なら通話込みで980円で運用できる点が魅力。

通話料無料は他の格安事業者にはない、楽天ならではのメリットです。

2)混雑時間帯の通信遅延が気にならない人

お昼の時間帯の通信遅延なんて気にしないよ!という方は、楽天モバイルに切り替えても大きな問題なく運用できるはずです。

私は、お昼以外の時間帯に回線の遅延を感じたことはほぼありません。

3)楽天経済圏の人

私はこれで楽天モバイルに堕ちましたが笑、楽天経済圏の方楽天モバイルへ切り替えるメリットが大きいため、ほかの格安は考えずに楽天モバイル1択で考えて問題ありません

楽天市場で、例えば年間30万円買い物したら3,000ポイントもらえるって、冷静に考えたら凄いですよね。980円(税込み1,078円)/月で運用したとして、250ポイント/月、帰ってくる計算です。

★楽天市場のSPU+1倍(楽天モバイル)についての詳細はコチラから★

4)通話をたくさんする人

楽天モバイルは通話料金無料

通話をたくさんする人も、楽天モバイルに切り替えるメリットあり。楽天LINKで無料通話し放題です。

ただし、20GB近く使用する方の場合は、ドコモのahamoも選択肢に入れておくとよいかもしれません(ahamoは20GBまで2,700円、通話5分無料のオプション付き)。

(2)向いていない人

1)常に最高速度じゃないと許せない人

お昼もご飯食べながらゲーム!いつでもどこでもゲーム!!という方は、楽天モバイルをはじめとした格安プランは向いていないと思います。

速度が命ですので、三大キャリアの格安プランまででとどめておくのが無難です。

2)月の通信量が20GBをギリ超えない人

月の通信量が20GB程度の場合も、利便性を考慮すると三大キャリアの格安プランに軍配が上がります(楽天経済圏の方は別)。

ドコモのahamoは20GBまで使えて、通話5分無料オプション付きで2,700円。楽天は平日お昼の通信速度に難ありなので、20GB近く使う人の場合はあまり楽天モバイルの優位性はないかもしれません。

4.楽天モバイルへ切り替えて固定費削減!

楽天モバイルは固定費を大きく削減できるのが魅力

楽天モバイルは、1GB以下の運用あれば衝撃の0円3GB以下であれば通話込みで980円という、破格の料金プランを展開しており、私たち利用者側にも、固定費の削減といったとても大きなメリットをもたらしてくれます。

現在スマホに毎月1万円程度支払っている人であれば、楽天モバイルに切り替えることで年間数万~十数万円の固定費削減が可能

楽天モバイルの特性上、利用者によっては向き不向きがあるものの、私が実際に4か月運用している感覚だと、よほどスマホゲームに命を懸けている方以外は、楽天モバイルで何ら問題ないのではと感じています。平時のお昼に若干回線が混みあいますが、それも1~2時間の話。

また、楽天経済圏の方にとっては、楽天市場のお買い物ポイントが常時+1倍になるのも嬉しいポイント。

契約期間の縛りや違約金もないため、思い切って楽天モバイルに切り替えてみてはいかかでしょうか(´∀`)

次のおすすめ記事

スマホ料金の次は、車の固定費を見直しませんか?「マイカーを持っているけど、週末しか乗らないんだよなあ…」そんな場合は、もしかしたら、カーシェアリングサービスを利用することで維持費を月1~2万円程度まで削減できるかもしれません。

マイカーを検討中の方にも、維持費の削減という観点から、カーシェアリングはおすすめの選択肢。本記事では、実際にカーシェアを利用している筆者の経験を踏まえ、カーシェアが向いている人や、マイカーとの年間維持費の比較を行っています。

comments

error: Content is protected !!