【エジプト旅行⑥】ハン・ハリーリを制覇せよ!スークでの戦利品をご紹介!

エジプト

こんにちは!ふみづきです。

エジプト旅行をお考えのみなさんの中には、ハン・ハリーリ等の市場(スーク)へ足を運ぼうと考えている方も多いのではないでしょつか。

でも、「市場ってどう回ればいいんだ?」と不安な方も多いはず。

実際、私も市場でのいわゆる値切り交渉は得意ではありませんので、スークを満足に楽しめるのかと少し不安になっていました。

でも、旅を終えてわかったのは、コツさえ掴めばスークを楽しむのは容易であるということ!

これからエジプトに向かう方のご参考になりますよう。私のスーク攻略記を残します。

スポンサーリンク

導入編 -スークってなんやねん!-

みなさん思いませんでした?

「スーク?なんやそれは!」

私は初めそう思った(´・ω・`)

スークって、アラビア語でいわゆる「市場」を意味するようです

英語で言うとmarketですね。

そして、エジプト最大のスークが「ハン・ハリーリ」。

ハン・ハリーリはカイロ市内、イスラーム地区にあります。

私は地下鉄アタバ駅から歩いていきましたが、25分はかかりました(´∀`;)

でも、ハン・ハリーリに到着するまでの街並みを見るのもとっても楽しかったので、歩くこと自体は苦痛にはなりません!

スポンサーリンク

1.事前に準備しておくべきもの

1.少額紙幣、硬貨

これは必需品!必ず持っていきましょう!

スークでは値切りながら商品を購入することになります。

ですので、細かい値段の変動に対応できる少額紙幣・硬貨は大活躍。

なお、スークにおいてはなるべくエジプトポンドで支払いをすることをおすすめします

何故かというと、2018年末時点では、

  • 1アメリカドル  = 約110円
  • 1エジプトポンド = 約6.4円

というレート。

そう、エジプトポンドであれば、より細かく支払い額を変動させることができるのです

アメリカドルだと、1ドルの値下げ=110円の値下げとなり、値切ることが難しくなりますが、エジプトポンドであれば6.4円単位で値切り交渉をすることができます。

よく、「エジプトポンドは使いきれなかったら紙切れ同然。少な目に両替するべき。」という記事を目にしますが、私はそう思わないです。

むしろ、スークをめいっぱい楽しみたい方はエジプトポンドを多目に両替するべき

ただし、アメリカドルを持っていかなくてもいいというわけではありません。

現地では日本円→エジプトポンドの両替ができる銀行が限られていますので、急遽エジプトポンドが必要になった場合に備えてアメリカドルをいくらか持参する必要があります。

また、エジプトポンドはスーク以外にもスーパー等あらゆる場所で使用可能です。

ですので、使いきるための場所はいくらでもあります。

ご参考までに、私は

  • エジプトポンド :10,000円分
  • アメリカドル  :10,000円分

の比率で両替しましたが、圧倒的なエジプトポンド不足に陥りました。

アメリカドルは、カイロ空港でアライバルビザ(25USD)を買う以外にはほぼ使用なし。

現地ではエジプトポンドを得るための両替に使う始末。

ガンガン買い物する方は、エジプトポンド2万円分くらい持っていっても使い切れます!

2.ボールペン

値切り交渉が終盤に差し掛かると生きてくるかもしれないアイテム。

日本製のボールペンは品質がよいと、エジプトでは評判な様子。

ただ、↓こちらの記事でも記述していますが、あんまりにも高いボールペン(1本100円とか)を持っていくとかえって損になる可能性もあるのでご注意を。

100均で売ってる5本100円とかのペンで十分です。

3.何を買うかの目星

ハン・ハリーリはとっても広い。

ですので、何が欲しいのかの目星をつけずに歩き回っていると、日が暮れたのに結局あまり買い物ができていない!という事態になりかねません

以下で私の購入品をご紹介しますので、目星をつける際の参考にしていただければと思います。

番外編 -What’s app-

エジプトで友人を作りたい方は是非!

スークのおじちゃんもおにいさんも、「What’s app持ってる?」と結構な頻度で尋ねてきます。

私はダウンロードしていなかったので、すべてお断りしてしまいましたが…

日本じゃLINEですが、世界ではWhat’ appであることを再認識したできごと。

スポンサーリンク

2.スークの楽しみ方

1.いろんなお店を回ってみる

ハン・ハリーリに限らず、スークはとっても広い!

同じようなお店が何件もあり、言い値が違うのはもちろん、値切れる金額も随分と違ってきます。

何件か回って、自分が納得できる価格で売ってくれるお店で購入するのがよいでしょう。

2.値切り交渉は必須!

めんどくさいな~と思う方もたくさんいると思います。

でも、スークでは値切り交渉は必須

向こうの言い値、日本人の感覚からしてもとっても高いですから!

値切りに値切ってください。

買ってもいいかな、と思う値段の半分か、言い値の1/5くらいから交渉をスタートしましょう。

向こうが少々不機嫌そうな顔や態度をしたからって折れちゃダメです。

そういうのも演技でしてる部分はあるのかなと、私は感じましたね。「そんなに高いなら買わない!」という態度でお店を出ていくと、なんだかんだ、店主は追いかけてきますから(´∀`;)

スポンサーリンク

3.スークで購入したものはこちら

ではお待ちかね!私がスークで購入したものをご紹介します!

1.香水瓶

2つで60E£

まずは香水瓶

これはとってもおすすめ!スークへ立ち寄ったら是非購入していただきたい!

香水瓶は、スーク以外でも購入できます。

エジプト考古学博物館付近にも、とっても質の良い香水瓶を売っているお店がありました。

しかし、質が良ければいかんせん値段が高い

ですので、スークではお土産用香水瓶を買うのがおすすめ!

5つくらいセットになったものを、私は70E£で購入しました。

安いのでデザインはそこまでこってないですね。

自分用の香水瓶は、スーク以外のお店でしっかりしたものを買うことをお勧めします!

ちなみに私は、スーク以外のお店できれいな香水瓶を購入するつもりでしたが、品定めをしていたら旅行期間が終了してしまいました(´;ω;`)みなさまは同じ事態になりませぬよう!

2.ガラベーヤ

ガラベーヤとは、エジプトの民族衣装

いろんなデザインがあってとっても素敵!

こちらも値段は、お店や布の質でピンキリ。

私はこちらのガラベーヤを購入。180E£。

ただ、ガラベーヤ、洗濯すると糸がほつれた!との情報も耳にしましたので、買うときに質を気にするのももちろんですが、取り扱いにも十分注意しましょう

3.エジプトモチーフの置き物

帰って部屋に飾りたいですよね!置き物もお勧めですよ!

神々の置き物、ほれぼれしました。アヌビスー!ホルス―!セトー!

しかし持ち帰るときに破損しないかひやひや(ノД`)

結局、破損を恐れてアヌビスさまの置き物のみ購入。こちらはドル払いで10ドル。

これはもっと値切るべきだったなと思いました。普通に考えたら10ドルって高いよね。

こちらの飾りのプレートも購入。たしか60E£。いろいろなデザインがありました!

4.香水

こちらは好き嫌いがありますのでお好み合わせて。香水もおすすめなんです!

日本よりもお安く購入できるかなと思います。

私は15mlの香水を3ドルで購入。クレオパトラの香り!

香水屋さんにはたっくさんの種類の香水があり、お願いすればにおいを確認させてくれますので、自分のお気に入りの香りを見つけて帰れたらハッピーですね(´∀`)

私は普段香水を使いませんが、クレオパトラの香りがとってもいいにおいだったので買っちゃいました!

今でもふたを開けてはエジプト旅を思い返しています(‘ω’)

ラムセス2世という香水もいい香りがしたのでおすすめですよ!

5.その他

写真がありませんが、ハン・ハリーリには上記の他にも木彫りのアンクシルバー製品パピルスランタン等々、目移りしてやまないアイテムがたくさんありました!

シルバーのちっさなアンクがあったので買っちゃいました。命のお守りです(*’ω’*)

エジプトの物価が安いとは言っても、あんまりたくさん買ちゃうとそれなりの金額になるかもですね(´∀`)

スポンサーリンク

まとめ

ハン・ハリーリをはじめとするスークを楽しむには、事前準備が必要不可欠!

  1. 値切り交渉用の小額紙幣・硬貨を準備
  2. もしかしたら役に立つかもしれない、値切り交渉用ボールペン
  3. 何を買いたいのか、何が欲しいかの目星をつける

そして、スークを楽しむのであれば値切り交渉は必須!

精神すり減らすから値切り交渉はちょっと大変だけど、それもあってこそのエジプト満喫。

大きなスークになるほど人の行き来が激しくなります。

値切りつつ、歩きつつ。自分の欲しいアイテムを集めながら、エジプトの街を、人の賑わいを存分に味わってきてくださいね!

以上、ハン・ハリーリ攻略記でした!

comments

error: Content is protected !!