【エジプト旅行①】結局のところ、エジプトは安全なのか。

エジプト

こんばんは!ふみづきです。

記念すべき海外旅行記第一弾は「エジプト」!

誰もが知る大変有名なギザの三大ピラミッドの他、ルクソールの王家の谷アスワンのアブシンベル神殿など、歴史好き・古代文明好きならば「いつか必ず訪れたい国」の一つであるはず。

私もそうでした。しかし、そう簡単には旅に踏み切れない理由が。

それゆえ、不安を抱きつつの旅とはなりましたが、帰国した今、思い切って足を運んで本当に良かったと思っています。

 「エジプトを旅してみたい」

かつての私と同じような思いを持ち、このブログに足を運んでくださったみなさまにとって、この記事が背中を後押しする一要素になればと思い、ここに旅行記を残します。

※長くなりますので、記事をいくつかに分割。ご容赦ください。

それではまずは、多くの方が神経を尖らせるであろう「治安問題」から、この旅行記をスタート!

※私の旅行条件は、「2018年12月中旬~下旬英語ツアー女子二人旅」となっています。

スポンサーリンク

1.治安情報(2019年1月現在)

「エジプトへ旅行したい」と考えるみなさまにとって、まず何よりも気になるのは現地の情勢、すなわち「治安」ではないでしょうか。

ここ数年、地理的要因も相まって、エジプトは不安定な状況に置かれていました。

特に最近だと、某原理主義集団の活動。

彼らの活動が活発であった当時は「エジプトは行きたくても行けない国だ」という認識が私の中にありました。

では、彼らの活動が沈静化してきている今、エジプトはどのような情勢に置かれているのでしょうか?

1.外務省によると

まずは外務省の「海外安全ホームページ」を確認してみましょう。

こちらのHPでは、各国・地域ごとに危険レベル(1~4)が割り当てられており、最新の世界情勢を反映した安全情報を確認することができます。

現在のエジプトの安全情報はこちらから確認できます。

なお、2019年1月27日現在の安全情報は以下の通り。

  • カイロ   :レベル1
  • ルクソール :レベル1
  • アスワン  :レベル1
  • アブシンベル:レベル1

ナイル川沿い、すなわち、観光地がよく訪れる地域はすべて「レベル1」となっています。しかし、地方によっては「レベル2」「レベル3」の表記も。

また、日本やアメリカ、ヨーロッパ諸国の危険レベルが「レベル0(白塗り)」である点を考えても、一口に「エジプトは安全」と判断することはできません。

2.私が実際に旅をしてみて

では、私が実際に旅をしてみてどうだったか?私は2018年12月中旬~下旬に旅をしました。

結論を申し上げますと、何事もなく無事に帰国することができました

しかし、それは運が良かっただけだということを、帰国した後、思い知らされることになるのです。

 (産経新聞の記事をリンクさせていただきました)

私がギザのピラミッドに足を運んでから1週間も経たないうちの出来事です。

自分が訪れた地で、テロが起こり、命を落とす方が出てしまった。もし、あと数日旅程がずれていたら?

…自分の身にも降りかかりかねない事態であったと、恐ろしい気持ちで記事を読むことしかできませんでした。

なお、2018年3月には、エジプト第二の都市とも呼ばれるアレクサンドリアにおいてもテロが発生しています。自動車爆破により、警察官2名が亡くなりました。2日後に大統領選強を控えるさなかの出来事でした。

3.街の中はどうなのか

ルクソール市内

では、テロ等特殊な出来事ではなく、「日常」という視点ではどうなっているのか。

なによりもまず、エジプトの街は、カイロだろうがルクソールだろうがとにかく汚いです。清潔感は全くありません。

別の記事で詳しく執筆しますが、路上にごみ回収場があるが、そこに入りきらないごみが地面に散乱、大量のハエがたかり、付近を野犬が徘徊している、という始末です。とにかく不衛生。

「治安」という観点からは少し外れてしまいますが、野犬にはとにかく注意してください。本当に至るところにいますから、野犬。

エジプトでは車の路駐は当たり前。その車の陰に野犬が寝転がっている、というシチュエーションが多々あり、私は「尻尾を踏んで、狂犬病にでもなったら…」とびくびくしながら歩いておりました。

また、そういった不衛生な環境ですから、街は大通りを外れると陰鬱な雰囲気が漂っています。

私は今回の旅ではなるべく大通りを歩くようにしていたので、何かに巻き込まれたということはありませんでしたが、興味本位で細い路地に入り込まないように気を付けた方がいいかと思います。何がいるかわかりませんからね。

上述した点以外では、特に街中で危険だと感じたことはありませんでした。

というか、不衛生さと野犬の恐ろしさしか印象に残ってないです。これ、行けば絶対わかるから!!

スポンサーリンク

2.総評

1.エジプトは安全とは言えない

以上を踏まえ、総評すると、2019年現在でも「エジプトは安全とは言えない」と私は思います。

稀であるとはいえ、テロは依然として発生しており、街中はお世辞にも良い雰囲気だけの場所ではありません。

エジプトに旅をしようと考えているみなさまは、すでに他の国へ足を運んだことのある方が多いのではないかと思いますが、やはりヨーロッパあたりと比べると少し危険度が高いのでは?と私は感じました。

私は2017年の11月にイギリスへ行っておりますが、ロンドンでは路地を何本も入っても危険を感じることはありませんでした。都市の規模が違うと言ってしまえばそれまでなのですが。

(ただ、「カイロだけ見れば、ヨーロッパ諸都市よりも治安は良い」というご意見もあるようです。ですので、このあたりは個人の感覚レベルの問題かもしれませんね。)

それと、重ねて申し上げますが本当に野犬注意ですよ!!人より野犬から被害を受ける可能性の方が高い。本当に。

2.対策として、できること

ただ、危険とは書きましたが、エジプトは本当に素晴らしい国ですので、旅行を考えているのならば絶対に訪れてほしいです。

テロはどうしようもありませんが、自衛の策はいくらでもたてることができます。

例えば、

  • 街中で危険そうな場所(細く薄暗い路地等)は避ける
  • 人目を引くような派手な格好(お金を持っていそうだと思われる格好)はしない
  • 何かに巻き込まれた時のために、しっかり海外旅行保険(特に治療費用)に加入しておく
  • (できれば)最低限の英語能力を習得する

保険について、パックの保険に加入してもよいですが、オーダーで治療費用を手厚くできる保険に加入するとなお安心でしょう。

パック保険の治療費用では、海外で怪我や入院をした際に保険内で賄えない可能性があるようなのです(これについては別記事にて詳細に執筆します)。

また、英語もできるに越したことはありません。上手く話せなくてもよいですから、相手が何を言っているのか聞き取れるくらいの英語力があれば安心でしょう。

ちなみに私は英語をあまり話せませんが、何とか今まで生きています。

スポンサーリンク

3.まとめ

この記事の内容をまとめると、

  1. エジプトの治安は回復しつつあるが、現在もなお危険な状況にあり、安全とは言えない
  2. 治安の他にも、野犬がたくさん徘徊していてとても危険
  3. 街中についても、大通りを外れると陰鬱な雰囲気が漂っている場所があり危険(人的被害を被る可能性あり)

現在もなお、低いとは言えない頻度でテロが発生しています。実際、私の帰国数日後にもテロが発生しました。

また、街中についても危険。不用意に細い路地を歩いてしまうと、何かの事件に巻き込まれてしまう可能性が高まります。

こういった被害を回避するためには、以下の手段を講じることが有効です。

  • 街中で危険そうな場所(細く薄暗い路地等)は避ける
  • 人目を引くような派手な格好はしない
  • 何かに巻き込まれた時のために、海外旅行保険(特に治療費用が手厚いもの)に加入しておく
  • 最低限の英語能力を習得する

事前に意識して旅に出ることにより対策できることばかりです。

ご自身の安全のためにも、上記事項も含め、事前の対策を怠らないようにしましょう。

エジプト旅行を考えているみなさま。

この記事が少しでもお役に立てば幸いです。どうか、お気をつけてご旅行なさってください。

次回記事では、「エジプトで気に留めておくべきこと、あって便利だったもの」について執筆予定です。

comments

error: Content is protected !!