国内旅行

商品レビュー

3日間4,900円!setowa広島ワイドパスのモデルコースをご紹介。3日で1万円分以上乗車

JR西日本がとってもお得なフリー切符をせとうちエリア3県で展開中。この記事では、実際にフリー切符の1つ「setowa広島ワイドパス」の旅程をモデルコースとしてご紹介のほか、フリー切符の利用によりいくらお得になったのかを検証しています。私の場合、3日目は旅しなかったけど、7,000円以上お得な旅になりました。
国内旅行

楊貴妃のように優雅に…山口県の湯本温泉「玉仙閣」には水深120cmの一風変わった日帰り温泉が

山口県長門市の湯元温泉には、楊貴妃気分を味わえる、ちょっと特別な温泉が!?その温泉は、旅館・玉仙閣内にある「楊貴妃の湯」。長門市には楊貴妃伝説があり、玉仙閣では楊貴妃が唐で好んだとされる浴槽を再現しています。楊貴妃の湯は珍しい立ち湯スタイル。日帰り入浴の際は、とってもお得なランチ御膳付入浴券がおすすめです!
国内旅行

元乃隅神社はワクワクがたくさん詰まってる!連続する赤い鳥居、お賽銭チャレンジ、そして岩肌には…

山口県長門市の元乃隅神社は、海沿いの崖に赤い鳥居が面なった風景が有名。でも、元乃隅神社で楽しめるのはそれだけじゃない。鳥居以外にも、旅行者をワクワクさせる仕掛けがそこにはありました。この記事では、元乃隅神社訪問レポを、写真多めでご紹介。ネット上の写真で満足せず、是非現地に赴いてみてほしい。山口県のおすすめ観光スポット。
スポンサーリンク
国内旅行

日本海に潜む名湯。島根県大田市の温泉津温泉は、静かで昔ながらの街並みが魅力の癒し空間だった。

島根県大田市の温泉津温泉で、心と体をリフレッシュしませんか?温泉津温泉は日本でも12しかない、天然温泉「オール5」評価を日本温泉協会から受けた、泉質の保証された温泉。また、地域の人々の生活を間近に感じるひなびた温泉街は、騒がしい日々から訪れる人々を解放してくれます。大正ロマンあふれる木造洋館ではカフェも楽しめます。
国内旅行

館鼻岩壁朝市訪問レポ。おすすめグルメと訪問時間について。名物しおてばはもちろん、せんべい汁も絶品。

青森県八戸市の館鼻岩壁朝市。毎週日曜日の夜明け前に始まる市場では、取れたての海産物はもちろん、青森名物のりんごや、朝市名物の「しおてば」など、魅力的な商品がたくさん。この記事では、実際に購入した商品や食べておくべきおすすめグルメ、そして市場で売っていた商品を、写真多めでご紹介。館鼻岩壁朝市、ちょっと覗いてみませんか?
国内旅行

青森県の穴場温泉!大鰐町の正観湯温泉は、飲んべえ宿主が温かく迎えてくれる優しい宿だった。

青森県南津軽郡大鰐町に知る人ぞ知る、超穴場の温泉があります。その名は「正観湯温泉」。p.H.8.7のアルカリ性の泉質はお肌がツルツルに。夕食時にはお酒の持ち込みが可能で、のんべえの宿主のおっちゃんやほかのお客さんたちと、ワイワイお酒を楽しむこともできます。そしてライダーさん注目。生ビールを1杯無料で飲めちゃいます!
国内旅行

咲き誇る水仙と、岩肌と、日本海。島根県益田市「唐音の蛇岩」は癒しに満ちたスポットだった。

島根県益田市「唐音の蛇岩」。島根県西部は観光スポットが少なく、観光客にはスルーされがちですが、唐音の蛇岩まで見逃すとはもったいない!唐音の蛇岩では、丘一面に咲きほこる水仙と、日本海の深い青さと、波に削られた荒岩が生み出す素晴らしい自然美を楽しむことができます。益田市には萩石見空港があり。首都圏からもアクセス可能です。
国内旅行

田沢湖畔で大人なひと時を。ペンションサウンズグッドは雰囲気もお料理も素敵なおすすめのホテル

秋田県の田沢湖畔にあるペンション・サウンズグッド。ホストの優しいご夫婦と、まるで秘密基地のような宿泊部屋。隠れ家のようにひっそりと田沢湖畔に佇むこの宿は、宿泊者を日々の喧騒から容易に解放してくれます。ペンションの1Fでは、秋田の日本酒飲み比べも。ホテルではできない経験があなたを待っています。
国内旅行

透き通る青に引き込まれる。日本三大鍾乳洞1つ、岩手県の龍泉洞はこの夏おすすめの観光地

岩手県の観光地・龍泉洞。日本三大鍾乳洞の一つであるこの場所は、闇と青が作り出す、とても幻想的な世界。地底湖は深さ98mもあり、その水の透き通るような青さは、つい歩みを止めてしまうほど美しい。洞内は年中10度程度しかなく、常にひんやり。この夏の涼みスポットとしておすすめです。少し足を伸ばして、青の世界を覗いてみては。
国内旅行

青森県十和田市の奥入瀬渓流。片道4時間30分。道中雨に打たれながらも私は成し遂げた…

青森県十和田市の奥入瀬渓流。阿修羅の流れや銚子大滝が特に有名な見どころですが、渓流内にはその他に27もの景勝地が。奥入瀬渓流は全長14kmと長いですが、景勝地や自然の魅力を満喫するのであれば絶対に徒歩での観光がおすすめ。この記事では、実際に私が徒歩で奥入瀬渓流を踏破した記録・感想と、便利だったアイテムをまとめています。
スポンサーリンク
error: Content is protected !!